トップページ > 会社情報:人材育成方針

人材育成方針 | TRAINING

小田急グループ各社から「信頼される存在」となるべく、社員一同日々研鑚を重ねつつ業務に励んでいます。ただ一口にプロフェッショナルといっても、そのカタチはひとつではありません。それぞれの業務の現場において、求められるものは実に様々なのです。

「オファー(要求)に対する確実なパフォーマンス(成果)」が、業務の普遍的な目標であるならば、それを常に実践できるスキルレベルを持った人材こそが、我々の目指すプロフェッショナルという存在です。そしてこのプロフェッショナルとは、時とともに勝手に育つものでもなく、また育てられることだけでなれるものでもありません。

当社の人材育成は、このような認識に立ち、本人の意欲と意識付けに応じて、必要なサポートを適宜適切な形で行っていくことを重視した各種制度を通じて行われています。

社員教育体系

入社後、まずは社会人として必要不可欠なビジネスマナーや、業務知識等の習得を目指した導入研修を行い、その後約2ヶ月のOJTを経て、本人の適性・希望等をもとに各職場へ配属します。

その後、会社全体の社員育成指針である社員教育体系のもとで、職種や外部環境あるいは本人の希望など、それぞれのキャリアにあわせて各種研修を行うほか、法令改正などに対応するための勉強会等を実施していきます。

社員教育体系 <OFCにおけるスキルアップ体系イメージ>

能力向上へのチャレンジをサポート - 資格取得支援制度

社員それぞれの自発的意志に基づく限りないスキルアップ、これこそが弊社の最大の財産であると考えています。その考え方に基づき、業務に関連する資格の取得支援を積極的に行う制度を設けています。

対象資格 支援内容
ページトップへ