トップページ > 事業情報:ミッション

コンセプト | CONCEPT

小田急グループ各社の経理業務を集約化、
そのコストを削減するとともに、経理業務の質的向上と効率化を図る

近年、会計基準や各種法制度の変更が相次ぐ中、これに対応して正確かつ迅速に業務を遂行し、これらの経営情報を、グループ全体を見渡した視点から、いわゆる「連結経営」に活かしていく、ということが望まれています。弊社は、このような経理・財務部門の業務遂行体制の水準維持と対応能力の強化という命題に応えるために存在します。

アカウンティング事業

グループ各社の人事給与業務を支え、課題解決のバックアップを行う

所得税などの税金や労働関連法規、および社会保険制度はほぼ毎年のように変更されています。各種制度変更に適正に対応し、グループ各社の給与計算業務等を効率的に遂行することで、グループ各社が人員および時間を有効活用でき、より戦略的な人事・給与業務に取り組むことができます。弊社は、グループ各社での「人」に関する課題解決に貢献するために存在します。

ペイロール事業

グループ全体のさらなる資金効率の向上を目指し、
小田急電鉄の資金関連業務をトータルサポート

小田急グループ各社の中には、資金に余裕のある会社と、必要としている会社とが併存しています。これらの会社間での資金融通をとりもつことで、グループ全体で資金をより効率的に活用し、外部からの借入を抑制することが可能となります。弊社は、このような環境を安定的に提供することができるシステムの運営管理業務に加え、親会社である小田急電鉄の出納関連業務を一体で受託することにより、資金効率の向上を通じたグループ経営強化に貢献するために存在します。

資金管理支援事業

連結経営における財務コンサルタントとして、企業環境の変化に
即応するための情報把握、グループ経営のアドバイスを行う

上記の業務を着実に遂行し続けることによって、今後、会計・財務・税務・人事など、多くの分野における専門的な知識・ノウハウが、弊社に蓄積されることになります。これを基盤として弊社は、小田急グループ各社に対し、適宜コンサルティングという形で還元していくことを考えています。このような機能を果たすことにより、弊社は小田急グループ各社の経営基盤を強化する「課題解決集団」となることができる。これこそが弊社に課せられた最大の使命なのです。

ページトップへ