トップページ > 採用情報:キャリアパス > 業務部アカウンティング課 課長代理

キャリアパス 業務部アカウンティング課 課長代理 | CAREER PASS

業務部アカウンティング課 課長代理 業務部アカウンティング課 課長代理

 入社当初は経理・給与計算業務を兼務。幅広い知識を習得する。その後は、アカウンティング課の最前線で数々のプロジェクトを担当。その経験を生かし、2014年にプロパー初、グループ会社でのマネジャー職として(株)北欧トーキョーへ出向。活躍の幅を広げる。当社復職後はアカウンティング課に所属し、2016年に管理職となる。

知識を持っていることは、大きな武器となる

 入社当初を振り返ると、「大変」の一言ですね。当時はまだペイロール課が発足していなかったので、経理業務と給与計算業務を兼務していました。実務で必要な知識やシステム操作など、覚えることが多く、理解できていないままの不安な状態で仕事を進めていたこともありました。「とにかくやる」の精神ですね。
 当時の上司にはよく怒られましたが、「勉強してから聴け」という言葉で奮い立たされました。社会人になっても、日々勉強が必要で、そこから得た知識は大きな武器になります。それにより余裕が生まれ、段々と仕事が楽しくなっていきましたね。兼務をすることで、幅広い知識を得ることができましたし、業務の進め方も学べ、現在へと繋がる良い経験となりました。

自分本位ではなく、全体を見て行動

業務部アカウンティング課 課長代理

 ペイロール課発足後は、アカウンティング課に所属し、様々なプロジェクトを担当しました。会計士や弁護士相手に株式売却の答弁を行なったり、新会社立ち上げに携わったりと、若手社員だった私にはかなり貴重な経験ばかりです。そういった経験により、度胸がつきましたし、自信を得られましたね。
 当時遂行していた、(株)小田急百貨店の経理業務受託プロジェクトでは、導入から運用まで、全て担当しました。クライアントへのヒアリングを重ね、基盤作りをしていきましたが、いざ運用が始まると想定外の問題も発生します。ですが、その問題を解決していくことで業務への理解もより深まりますし、更なる改善点の発見など、得るものも多かったですね。業務多忙の日々を送り、押し潰されそうになることもありましたが、私がやるべきことが私に与えられているのだと使命感を強く持っていました。
 自分本位ではなく、全体を見て行動することが会社の成長へと繋がっていくと考えるようになったのはこの頃からですかね。

考えて行動した成果は、喜びにつながる

 入社してからずっとアカウンティング課に所属していた私ですが、2014年7月からは、(株)北欧トーキョーに出向となりました。かつて担当していたクライアントへ、しかも経理グループのマネジャー職としての配属です。
 見える景色は全く違いますね。業務改善により効率化できること、その反対にもっと慎重に時間を掛けるべきことなど、受託業務では感じることのできなかった色々なことが見えてきました。
 実感したその課題を解決することが私の仕事です。自ら考えて行動を起こした結果、周りが変化していき、成果につながることがなによりのやりがいでした。その他にも、取締役会や常務会といった場での役員に対する経営状況の説明や、課員の評価など、マネジャーという職位だからこその様々な経験をさせてもらいました。

「気付き」を大切に

業務部アカウンティング課 課長代理

 業務改善を推進し経理実務を効率化する・経営分析資料の拡充を行い、適正な経営判断に資する情報を提供する・会社の業績に貢献する。これらの結果を残すことで、グループ会社でのマネジャーとしての立場を確立していきました。
その経験を生かし、現在は自社の管理職として、アカウンティング課の円滑な運営や発展のため日々奔走しています。将来的な目標としては、やはりコンサルティング業務を拡充していくことです。求められたから行うのではなく、普段の業務から気付き、改善提案していくことが必要であると考えています。

メッセージ

業務部アカウンティング課 課長代理

 それぞれの会社には、悩みや課題など多々存在しています。
それを解決するために当社が出来ることはまだまだあります。シェアードサービスという業態は、業務を集約して効率化を図ることを目的としていますが、それだけに留まってはいられません。当社にも知識とノウハウが溜まってきました。それを存分に発揮するときなのだと思います。共に会社を大きく成長させていきましょう。

  • 総務部総務課 課長代理
  • 業務部アカウンティング課 課長代理
ページトップへ