トップページ > 採用情報:先輩社員の声 > 業務部アカウンティング課

先輩社員の声 | VOICE

現在の担当業務を教えてください。

小田急電鉄(株)の出納業務を担当しています。資金の出入りを正確に管理するため、口座の入出金や残額を毎日確認しています。その中でも入金に関わる確認、管理業務が主な担当です。小田急電鉄(株)にはたくさんの部署があり、各々が取引を行っています。それら取引の入金内容、金額の整合性をとるために、各部署や取引先の方々とこまめに連絡を取りながら業務を進めています。

仕事に対する心構えを教えてください。

失敗の原因を突き止めることを重視しています。学生時代は失敗すると、「次は気をつけよう」という軽い気持ちで済ませていました。しかし社会人になるとそうはいきません。自分のミスは会社のミスとして捉えられると同時に、関係者に迷惑をかけてしまいます。小田急フィナンシャルセンターの一員としての責任感のもと、業務でミスをしてしまった際は業務フローのどこに問題があったか原因を突き止め、再発防止に努めています。

学生時代と比べ、成長を感じたことはありますか?

目標を持って行動するようになりました。学生時代は、目標を設定せずに、ただ漠然と日常を過ごしていました。しかし社会人になってからは、達成時期を決めた目標を設定しています。自分で決めた目標を達成するために、やるべきことの優先順位に則った具体的なスケジュールを組み業務に取り組んでいます。そうすることによって、効率的に時間を使えるようになったと同時に、毎日のモチベーションアップにも繋がりました。

どのようなことにやりがいを感じていますか?

小田急電鉄(株)の様々な部署の方とコミュニケーションをとりながら業務を遂行することにやりがいを感じています。配属当初は仕事に不慣れなこともあり、多くのやり取りに慌ててしまうこともありました。しかし今では独力で出来る業務が増え、問い合わせにも対応出来るようになりました。なにより、各部署の方々に名前を覚えていただき、自分宛てに問い合わせをいただくことがとても嬉しいです。今後も、各部署の方々とのやり取りを円滑にできるよう、業務知識を培っていきたいと思います。

終業後や休日はどのように過ごしていますか?

休日はよく運動しています。ほぼ毎週末ランニングをしており、自宅近くの川沿いがお気に入りのコースです。また学生時代の友人たちとフットサルなどをして楽しんでいます。仕事柄、普段あまり体を動かさないので、運動するとリフレッシュできます。
長めの連休があると旅行に出かけたりもします。入社当初には、会社の同期と沖縄に行きました。観光や食べ歩きをしてとても楽しかったです。

未来の後輩達へメッセージをお願いします。

学生のうちに、将来に役立つ経験をたくさんして下さい。旅行で外国に行き価値観を広げる、習い事に通い特技を身につける、資格の勉強をしてスキルを上げるなど、自分自身を成長させる経験は様々です。自ら積極的に動いて、充実した時間を過ごしてみてください。経験から得たものは、自分の武器になり、将来必ず役立つと思います。

とある一日

  • 起床。朝ごはんは必ず食べて、一日のエネルギーを充電します。さあ今日も頑張るぞ!
  • シフト勤務制度を使用し、今日は早めの始業。日次業務である入金の確認、口座の資金状況をチェックします。
  • 昼食。同期と会社近くの定食屋へ。ご飯がお替り自由なところがお気に入りです。
  • 銀行に振込データを送信し、確認資料を作成。作成した資料は管理者に必ずチェックしてもらいミスを防ぎます。
  • 経理システムに本日の入金データをアップロード。その後、各部署の方々に入金状況をメールで報告します。
  • 各銀行へ渡す納付書の集計作業。電卓をたたいて金額が一致しているか確認し、管理者にチェックをもらいます。
  • 明日やるべきことを整理し、シフトなのでいつもより30分早く退社。お先に失礼します!
  • 学生時代の友人と夕食へ。お互いの近状報告で盛り上がりました。
  • 帰宅。お風呂に入ってリラックスし、就寝。明日も頑張ろう!
ページトップへ