トップページ > 採用情報:先輩社員の声 > 小田急電鉄(株)財務部主計担当出向

先輩社員の声 | VOICE

現在の担当業務を教えてください。

小田急電鉄(株)財務部主計担当に出向し、照明や信号、通信設備をはじめとした電気系統の固定資産の計上・管理を担当しています。鉄道の設備は普段目にする機会のないものが多く、帳簿上の名称だけではどのような機能を持つ資産なのかを把握できません。そのため、各事業部門の担当者と日々連携を図ることを心掛けています。また、OPカードの収支管理にも携わっており、新たなサービスを展開する際の会計処理方法の検討なども行っています。

仕事に対する心構えを教えてください。

担当部門以外の活動にも目を向けるように意識しています。小田急電鉄(株)は、鉄道業以外にも様々な事業を展開しています。そのため、割り振られた担当業務を遂行するだけでは、経営活動のごく一部しか知ることができません。会社全体の動きを把握することは自らの業務の質を向上させることに直結するため、積極的に情報収集を行っています。

学生時代と比べ、成長を感じたことはありますか?

スケジュール管理をする力がついたと感じます。業務を期限内に遂行することは最低限の要件であり、常に意識をしなければなりません。そのため、学生の時は持つことのなかった手帳を活用し、業務ごとに綿密に計画を立てて行動しています。行うべきことを明確にすることで、時間をより有効に使えるようになり、仕事とプライベートを両立したメリハリのある日々を送ることができています。

どのようなことにやりがいを感じていますか?

決算報告書の作成に携わることができるということにやりがいを感じます。決算報告書は会社の経営成績を世間に公表する重要な資料であり、私たちの仕事の集大成とも言えます。日々、正確な業務内容を積み重ねていき、最終的に決算報告書が完成した際には何にも代えがたい達成感があります。そのために、常に責任感を持って仕事にあたっています。

終業後や休日はどのように過ごしていますか?

最近は、退社後に自宅で栄養学の勉強をしています。栄養素が体の中でどのような働きをしているのかに興味があり、趣味の一つとして続けています。休日は、学生の時の友人と飲みに行くことが多いです。友人の仕事の話を聞くと、自分も頑張ろうと思うことができます。また、料理をすることが好きなので、得意料理のドライカレーをよく家族に振舞っています。

未来の後輩達へメッセージをお願いします。

学生の期間は自由に使える時間が多くあると思います。その時間を利用して、誰にでも胸を張って誇れる趣味を持つことをおすすめします。当社において、会計や税務の知識はもちろん役立ちます。しかし、一見役に立たなそうな趣味も、追求すれば時には知識に勝る強みになり得ます。興味のあることをとことん追求して、充実した学生生活を送ってください。

とある一日

  • 起床。
  • 日課のジムへ。筋トレで体もスッキリ、「早起きは三文の得」とはこのことです。
  • 始業。電気部担当者へ新規工事内容のヒアリング。資料だけでは把握しきれない情報を確認し、固定資産の適切な会計処理に繋げます。
  • 昼休み。今日は同期とは別で、栄養のバランスがとれた自作のお弁当にしました。味も上出来!
  • OPカード新規サービスの会計処理に関する打ち合わせ。経理システムにも影響しそうだな。ITの勉強もしておこう。
  • 決算に向けた資料作成。明日も打ち合わせが続きそうだから、今日は残業して出来るところを終わらせてしまおう。
  • 資料作成が一区切りついたので本日は退社。お疲れ様でした!
  • 帰宅。明日の準備をして、就寝。今日はよく眠れそうだ。
ページトップへ